Uber Eats(ウーバーイーツ)って危ない、汚い? 実体験レビュー&トラブル回避術

ウーバーイーツの使い方

海外初の出前サービス「Uber Eats(ウーバーイーツ)」で出前ポイ捨て、苦情、食品廃棄などの負の側面があるという報道がされていますね。

ですが、実態はどうなんでしょうか? 世間の評判と実体験をまとめてみます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の悪いニュース

パッと調べると、「配達員の態度が悪い」「配達員にご飯を捨てられた」という苦情が出てきます。

こういう苦情ですね。最後のは配達員(パートナー)の苦情です。

正直当事者であれば悲しい気持ちになるニュースですし、楽しみにしている出前で嫌な体験をしなければいけないというのはいやなものです。

海外でも#fuckubereatsというハッシュタグでウーバーイーツの配達遅延や配達員の低報酬を訴える動きが広まっているようです。

 

とはいえ、私自身配達員としても消費者としてもウーバーイーツ を使っていてこのような事件にあったことはありません。(たまに嫌なお客さんがいたことはありますが)

こういう被害に遭わないようにするには、Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みを配達員・消費者が共々理解する必要があると思っています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組み

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みは簡単に言うと「個人事業主が飲食店の食事を配達してくれるサービス」です。

配達をしてくれる配達員(パートナー)は、Uber Eatsの社員でも飲食店の社員でもありません。個人事業主として経営者のような独立した存在として、飲食店と消費者をつなぐ業務を代行しているのです。

注文するときに気をつけるポイント

ですので、前述の苦情の中には「遅れたから受け取りを拒否した」と言う声がありましたが、もしこういうケースの場合は配達員にのみ責任があるというよりは「Uber Eats」「飲食店」「配達員」それぞれに責任があると考えた方がいいでしょう。通常の出前であれば「飲食店」だけに責任があるので、その点が違いですね。

(ここを勘違いして配達員にクレームを入れると、自分に責任がないのに理不尽に怒られたと感じてトラブルになる可能性があるということです)

配達員をするときに気をつけるポイント

一方、配達員をするときにも「自分は個人事業主として業務委託契約をしている」というリスクを把握しておく必要があります。

バイトや社員としての仕事とは違い、責任は企業ではなく個人にあります。いわば独立したものと同じ。所属していないので労災はおりませんし、損害賠償責任などが発生した際には個人に責任が問われます。

生業として生計を立てようとすると、Uber Eatsが不当に報酬を下げたときには生活ができなくなるリスクもあります。(社員でもバイトでもないので最低賃金はありません)

その点を認識すれば、今度は逆に自由も認識できると思います。責任を負わされている分時給ではない仕事ができます。すると、時給数千円を稼いだり、月給もバイトの金額を超えて稼ぐことができるということになります。

お客さんや飲食店とのトラブル、怪我には気をつけるのは前提ですが、個人として工夫をしながら働けるのは大きな魅力ではないでしょうか。

 

・Uber Eats使ってみる

Uber Eats招待クーポンコード情報:eats-nsrmip
★初回特典:750円割引×2回!
★お家で食べるマクドナルドのセットが無料に!?
★想像以上に簡単!(主観)

アプリをダウンロードしていない方は、ダウンロード後流れにしたがって、プロモーションコード「eats-nsrmip」を入力してみてください。

・iPhone:アプリをGET
・Android:アプリをGET
・WEB(PC):公式サイトから注文
・配達者になる:配達員の求人を見てみる

Uber Eatsを使ってみる

Uber Eats(ウーバーイーツ)のメリット

宅配でUber Eats注文するメリット

まずは宅配で利用するメリットですが、以下が大きな点ですね。

・やっぱり出前って楽
・ピザやマック以外にもタピオカや人気の地域店舗の食事が宅配できる
・初回クーポンやキャンペーンでお得

あとはUber Eatsは現在拡大中なのでクーポンや割引キャンペーンが大量に打たれているので、使わない手はないと思います!

Uber Eatsを使ってみる

Uber Eatsの配達員をするメリット

Uber Eatsの強みでもある配達員(パートナー)をするメリットも紹介します。

・スキルがなくても稼げる
・週単位で報酬がもらえる
・シフトは自分で決められる
・ママチャリで配達もできる

副業したい、短期のバイトがしたいという人はぜひやってみてください。ただ、前述の通り「自分は個人事業主だ」という認識を持った上で、Uber Eats自体をあまり信用しすぎない方がいいと思います。

・配達者になる:配達員の求人を見てみる

Uber Eatsを使ってみる

Uber Eats(ウーバーイーツ)へ登録

というわけで、Uber Eatsの実態を紹介しましたが、どうですか? 使ってみてもいいと思いました?

もし興味がある人は、一度使ってみてはいかがでしょう。

定期的に更新される(この間まで2000円でした…)ので、早めにどうぞ。

Uber Eats招待クーポンコード情報:eats-nsrmip
★初回特典:750円割引×2回!
★お家で食べるマクドナルドのセットが無料に!?
★想像以上に簡単!(主観)

アプリをダウンロードしていない方は、ダウンロード後流れにしたがって、プロモーションコード「eats-nsrmip」を入力してみてください。

・iPhone:アプリをGET
・Android:アプリをGET
・WEB(PC):公式サイトから注文
・配達者になる:配達員の求人を見てみる

Uber Eatsを使ってみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました